自然と歴史山歩のご案内

歴史(トゥエンティクロス~石楠花山)を学びましょう

開催日時集合場所:7月12日(日)9時新神戸駅前集合

コース:新神戸駅~布引貯水池~市ケ原~トゥエンティクロス~

 黄連谷~石楠花山~炭ケ谷~神戸電鉄谷上駅(変更する場合があります)

参加費:会員200円、一般400円

事前申込(必須):日野幸次郎(080-3761-5021)迄、締切7月10日

備考:新型コロナウイルス対策のため、マスクは必ずご持参ください。又、受付時に健康状態について、チェックリストにご記載願いますので、ご容赦願います。

2020年SCコーチ1養成講習会開催のお知らせ

各位

 兵庫県山岳連盟の事業にご協力賜り厚くお礼申し上げます。

 遅くなりましたが、2020年SCコーチ1養成講習会開催要項をアップしました。

開催要項・実施要項をご覧頂き、日本スポーツ協会HPよりお申し込み下さい。

6月20日が申込期限となっています。

よろしくお願い申し上げます。

資料詳細はこちら

兵庫県山岳連盟

指導委員会

ボルダリングルーム再開にあたってのお知らせ

ボルダリングルーム再開にあたってのお知らせ

●6/3(水)19:00よりボルダリングルームの利用を再開いたします。

●当面、ボルダリングルームの利用はを5名までとし、予約制にさせていただきます。

利用日時は、

・水曜(19時~21時)

・木曜(19時~20時半;20時半~22時の2部制)

・日曜日(10時‐12時;13時‐15時;15時半‐17時半の3部制)

の週3日間限定となります。

●ご利用にあたって、下記を必ずご覧の上、ご予約ください。

*ご予約は、電話078-940-1850または研修所事務室にて受け付けます。

 ご予約は、1度の利用分のみとさせていただきます。

*体調不良の方については、施設の利用をお断りします。(当日体温の計測をお願いします)

*利用前後には、こまめな手洗い除菌の徹底をお願いします。

*スポットによる接触感染防止の為、当面は小学5年生以上の利用のみとさせていただきます。

*部屋の利用者密度を低くするため、見学はご遠慮いただきます。

*ボルダリング時にはマスクの常時着用をお願いします。また、室内ではソーシャル・ディスタンスの確保に留意して下さい。

*チョークは液体チョークのみとさせていただきます。

*ボルダリングルームでの飲食は禁止します。(飲食は1階または2階の廊下でお願いします。)

また、スタッフが一名常駐します。よろしくご理解ご協力お願い申し上げます。

兵庫県山岳連盟

クライミング施設運営委員会

6月2日(火) 10時から神戸登山研修所 開館します。開館のお知らせ

神戸登山研修所ご利用の皆様へ

 日頃、神戸登山研修所をご利用頂きありがとうございます。

 コロナウイルス感染対策のため3月2日(火)より神戸登山研修所を休館していましたが6月2日(火)より開館ができるようになりました。ただ、コロナウイルス感染防止のため当分の間、人数制限や一部施設の利用制限をさせて頂きたいと思います。下記のような対策を実施させていただきますのでご協力を宜しくお願いいたします。

  • 施設の人数制限

大会議室 25人   中会議室 10人  小会議室 5人  別館 3人

ボルダールーム 6人(当番スタッフ1名を含む)

  • 施設の予約制

事前に神戸登山研修所に電話等で予約してください。(ボルダールーム以外は従来と同じ)ただし、当日施設、人数に余裕がある場合は予約がなくても利用可能です。

  • ボルダールームの利用日、時間等の限定

水曜日 午後7時~9時  木曜日 午後7時~10時

日曜日 午前10時~12時  午後1時~3時  午後3時半~5時半

のみ利用可能です。これらの時間帯には当番スタッフ1名が常駐しています。

尚、ボルダールーム利用者は小学校5年生以上とします。

  • 健康管理の徹底

 来館時の検温、手指等の消毒要請、チェックリスト(別紙参照)への記入等コロナウイルス感染防止対策へのご協力をお願いします。

不明な点がございましたら神戸登山研修所までお尋ねください。

ご不便をおかけしますが宜しくお願い致します。

兵庫県山岳連盟

自然と歴史山歩(シュラインロード~地獄谷西尾根)のご案内

新型コロナウィルス感染拡大で「自然と歴史山歩」を自粛しておりましたが、6月1日以降は兵庫県下での日帰り登山は解除されましたので、6月20日(土)9時に神戸電鉄六甲駅に集合していただき以下のコースで行います。

古寺山~シュラインロード~ノースロード~ダイアモンドポイント~地獄谷西尾根

なお、新型コロナウィルス感染対策のため当日は必ずマスクをご持参いただき、感染防止対策チェックリストの記載もお願いしますので、宜しくお願いします。

(募集人数 4名)

申込連絡先 日野(携帯 080-3761-5021)

緊急事態宣言全面解除を受けて 皆様へ 山岳四団体声明文

令和2年5月25日

政府の緊急事態宣言全面解除を受けて

山岳スポーツ愛好者の皆様へ

 本日 (令和2年5月2 5日)、 政府は新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の全面解除を発表しました。 国民、 そして山岳スポーツ愛好者にとっては待ちに待つた宣言解除です。山岳スポーツ自粛をお願いしてまいりました山岳四団体として、 自粛要請の重要性をご理解いただき、 ご協力くださいました皆様に厚く御礼申し上げます。

 自粛解除後の山岳スポーツ再開にむけて基本的なガイドライン (指針) を下記に示しました。より詳細なガイドラインにつきましては自治体、所属の山岳団体、山岳会等のガイドラインを参考にしてください。ガイドライン連守は、山岳救助関係者、医療関係者、 山域圏内の住民、 そして山岳スポーツ仲間への相互感染を防ぎ、 予想される第二次感染症拡大防止に貢献します。

 全面解除を受けてもコロナウイルス感染の危機は常に存在します。

 引き続き皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

「自粛」 要請解除後の登山・スポーツクライミング活動ガイドライン

感染させない、 感染しないために

1. 近距離 (10 0 k m圏内程度) でできるだけ都道府県を時がない日帰り登山から始

めましょう。

2.体調不良(平熱を超える発熱、悪寒、倦怠感、息苦しさ、咳等)での登山は止めま

しょう。入山後にコロナ感染発症すると命に関わり、救助隊、収容先地元医療機関

に多大の迷惑を及ぼします。

3. 登山は、 少人数で行いましょう。(パーティーは、 当面5名以内で。)

4. 自粛期間中、 季節や地震による山容の変化、 登山道の荒廃など思わぬ危険が港んで

います。十分な登山ルートの下調べと地図、コンバスの持参、登山届けは必ず提出

し、家族にも残しましょう。

5. 登山中でもマスクを着用しましょう。マスク着用時は、熱中症及び脱水には十分留

意し、 こまめに水分摂取を心がけましょう。

6. 登山、 クライミングジムでのソーシャルディスタンスを守りましょう。

一般的には2メートル前後ですが、 登山中の場合は、 さらに距離が必要と言われて

います。また、クライミングジムでは建屋構造、利用人数等で制限がありますので、

ジムの指針に従つて行動してください。

口至えロープ、 滑り止めなどもジムの方針に従つてください。

7. 登山山域内での買い物や、下山後の香み会等も地元住民への感染防止の観点から控

えてください。 食材、 飲料、 緊急食などは出発前に揃えておきましょう。

8, 自粛中に衰えた筋力、体幹を鍛えましょう

今回の世界的新型コロナウイルス (COVID-19) の蔓延により、 社会構造、 経済が大きく変化し、それに対応する新しい生活様式の確立が必要になりました。登山もスポーツクライミングも新しい視点からの活動指針が必要です。

山岳四団体でも皆様方のご協力を得ながら、安心で安全な山岳スポーツの再興を日指し努力してまいります。

自粛期間中の皆様のご協力に重ねて厚く御礼申し上げます。

ありがとうございました。

山岳四団体

公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会

日本動労者山岳連盟

公益社団法人日本山岳会

公益社団法人日本山岳ガイド協会

5月18日付 山岳四団体よりの声明文

2020.05.18 山岳スポーツ愛好者の皆様へ(2)

令和2年5月14日

 令和2年4月20日、皆様にご案内申し上げましたコロナ禍に伴う山岳スポーツ活動の自粛要請につきましては、皆様方のご理解とご協力を賜りまして誠に有難うございました。

 さて、コロナ禍は地域によってその感染状況が異なり、現況を踏まえ本日政府から改めて緊急自粛要請を継続する都道府県、あるいは解除された39県の発表がございました。私共山岳四団体としましてもこの発表を受け、下記の通り再度皆様へ山岳スポーツ活動のお願いをさせて頂きますので、引き続きご理解と ご協力をお願い申し上げます。

 私共山岳スポーツ愛好者の活動自粛への協力が1日も早いコロナ禍収束へつながることを期待しております。

1.緊急事態宣言が解除されない都道府県の皆様へ

東京都、大阪府、京都府、兵庫県、千葉県、神奈川県、埼玉県、北海道が該当します。これらの都道府県に山岳スポーツ関係事務所を置く、あるいは居住されている皆様には、政府発表の緊急事態宣言継続主旨を重く受け止めていただき、引き続き山岳スポーツ活動の自粛をお願い申し上げます。

2.緊急事態宣言が解除された39県の皆様へ

 緊急事態宣言が解除された県内に山岳スポーツ関係事務所を置く、あるいは居住されている皆様につきましては、今後も、ご自身あるいは周囲への感染拡大の恐れもございますので、緊急事態宣言が解除されていない都道府県での山岳スポーツ活動は引き続き厳に自粛いただきますとともに、県を横断する山岳スポーツ活動についても、多人数での登山を控えるなどの慎重な行動をお願いいたします。

山岳四団体

公益社団法人 日本山岳・スポーツクライミング協会

日本勤労者山岳連盟

公益社団法人 日本山岳会

公益社団法人 日本山岳ガイド協会

近畿ブロック大会及び国民体育大会にかかる 兵庫県代表選手選考等の延期について

令和2年5月14日

兵庫県山岳連盟

競技委員会

兵庫県山岳連盟の事業にご協力いただきましてありがとうございます。

令和2年5月1日付「兵庫県民体育大会山岳競技会2020 の開催中止について」のお知らせに併せ、兵庫県代表選手の選考方法等を5月10日頃を目途に発表予定としておりましたが、近畿ブロック大会の延期決定や国民体育大会の開催判断次期が示される等、状況が変化していることから、発表を延期いたします。

今後も状況の変化が想定されますが、次は6月中旬を目途に、その後の対応について案内予定です。

ご理解、ご協力をお願いいたします。

(参考)

  • 近畿ブロック大会の延期決定
    (当初)令和2年7月18日~19日
    (変更)令和2年8月22日~23日
  • 日本スポーツ協会から鹿児島国体の「開催に関して、6月中に判断する予定」と示された。(令和2年5月12日付)

担当者:兵庫県山岳連盟

競技委員会 高木

メール:info@hma.jp

兵庫県民体育大会山岳競技会2020の開催中止のお知らせ

 兵庫県山岳連盟の事業にご協力いただきましてありがとうございます。

 令和2年3月26日付で延期をお知らせした「兵庫県民体育大会山岳競技会2020」について、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う緊急事態宣言発令等の状況をふまえ、開催の中止を決定いたしました。

 なお、近畿ブロック大会(日程:7月18日~19日、主管:滋賀県)や国民体育大会(日程:10月4日~6日、場所:鹿児島県南さつま市)の延期や中止は現時点では発表されておりません。

 そのため、兵庫県代表選手を決定する必要がありますので、5月10日頃を目途に、選考方法等について兵庫県山岳連盟のホームページにて発表する予定です。

 この様な結果になってしまったことは大変残念ですが、ご理解、ご協力をお願いいたします。

兵庫県山岳連盟

競技委員会

メール:info@hma.jp

兵庫県山岳連盟より山岳スポーツ自粛のお願い

兵庫県山岳連盟 広報委員会

「山岳スポーツ自粛のお願い」と緊急事態宣言を受けての対応

兵庫県山岳連盟

会長 古賀英年

新型コロナウイルス感染拡大を押さえ込むため、4月7日「人との接触80%減」を目指し、緊急事態宣言が7都府県発令されました。その後も感染拡大の勢いは衰えず16日には、7都府県だった対象地域を全国に拡大しました。

緊急事態宣言を受け、各地の山開き行事などが相次いで中止になる中、近郊の山では、運動不足解消や自然の中での開放感を求め、以前にも増して山歩きやトレラン愛好者の増加が見られます。ゴールデンウイークを目前に控え、20日には、山岳4団体(公社 日本山岳・スポーツクライミング協会、日本勤労者山岳連盟、公社 日本山岳会、公社 日本山岳ガイド協会)が山岳スポーツ行為を厳に自粛するよう声明文を発信いたしました。既に皆様ご承知とは存じますが以下に声明文を掲載いたしますのでご一読いただきますようお願いいたします。

山岳スポーツ愛好者の皆様へ   新型コロナウイルス感染被害は拡大の一途をたどり、ついに緊急事態宣言対象地域が全国に拡大しました。山小屋の従業員を感染から守り、宿泊登山者の3密による相互感染を防ぐため、多くの山小屋やスポーツクライミング施設の閉鎖が相次いでいます。新型コロナウイルスは、潜伏期間が長い、感染しても自覚症状がでない、一度陰性になっても再度陽性反応がでる感染者が多く見られます。このような潜在的感染媒介者には若年・壮年層が多いのも特徴です。全国民が、外出制限、商業施設の相次ぐ閉鎖あるいは在宅勤務等々、日々逼迫した窮屈な生活を強いられています。このような現況下で、都市を離れ、清浄な空気と自然を求めての登山やクライミング行為は、出先の方々への感染を広め、山岳スポーツ愛好者自身が感染するリスクを高めます。この緊急事態に対処するには、山岳スポーツを愛する皆様の他者への思いやり、そして何よりご自身の感染防御に専心され、事態の収束を見るまで山岳スポーツ行為を厳に自粛していただきますよう山岳四団体としてお願いいたします。山岳スポーツに係わる皆様の緊急事態宣言へのご理解とご協力で、感染症拡大阻止に寄与し、この未曽有の感染危機が一日も早く収束することを願っております。 近々事態が収まり、山で、岩場であるいはスポーツクライミング施設で皆様と再びお会いできる日を楽しみにしております。

平年であれば、山岳スポーツを満喫するには良い季節であることは承知いたしておりますが、自然の中だからといって新型コロナウイルスに感染しない保証はありません。登山地までの公共交通機関、山小屋や休憩所等での3密のリスクもあります。また、狭い山道ですれ違う登山者による感染も考えられます。何より避けなければならないことは、万一、事故や道迷が発生しますと、捜索や救助に関わる方々や医療崩壊の危機にある医療関係者に大変な負担をかける結果になります。この事は絶対に避けなければなりません。山岳スポーツの愛好者一人ひとりが、危機意識を持ち、責任感と自制心と思いやりを持って活動を自粛しこの難局を乗り切るようご協力いただきますようお願いいたします。

本連盟の事業につきましては、既に「兵庫県民体育大会山岳競技会(4月4・5日開催)」「定期総会(4月18日開催)」を延期させて頂いており、他の事業も軒並み延期、中止の対応を取らせていただいております。神戸登山研修所は神戸市からの要請を受け3月3日から5月6日まで閉館しております。

なお、事業の再開及び登山研修所の開館については、コロナ感染拡大の推移を注意深く見極め、段階的に進めていく事が必要であると考えており、事業再開の目処が付き次第、連盟ホームページ・電子メール等で広報させて頂きますので、当面の間、ご不便、ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願いいたします。