神戸登山研修所夜間閉館のお知らせ (9月10日)

新型コロナウイルスの緊急事態宣言の期限が9月末まで延長されました。それに伴い登山研修所の夜間閉館を延長します。9月末まで登山研修所の開館は午後6時30分までとさせて頂きます。なお、土・日曜日は今まで通り午後6時閉館です。

ご迷惑をお掛けし大変申し訳ございませんがご理解くださるようお願い申し上げます。

兵庫県山岳連盟

救急法講習会・セルフレスキュー講習会 延期のお知らせ

各位

平素は岳連事業にご協力賜り厚くお礼申し上げます。

9月5日の救急法講習会、10月3日のセルフレスキュー講習会について

延期いたします、日程が決まれば改めてお知らせしますのでご参加よろしくお願いいたします。

兵庫県山岳連盟 技術・遭難対策委員会

神戸登山研修所夜間閉館のお知らせ

神戸市から「まん延防止」措置により8月2日(月)から8月31日(火)まで研修所開館の時短要請連絡がありました。それに伴いその期間(但し8月8日(日)から8月16日(月)は研修所夏季休館期間で終日閉館)の研修所開館は午後6時30分までとさせて頂きます。なお、土・日曜日は今まで通り午後6時閉館です。

ご迷惑をお掛けし大変申し訳ございませんがご理解くださるようお願い申し上げます。

兵庫県山岳連盟

第76 回国民体育大会近畿ブロック大会スポーツクライミング競技

2020年はコロナウイルス感染で中止された国体近畿ブロック大会が今年2021年は

感染対策を万全に行い開催されることになりました。

今年は大阪府山岳連盟主管で開催され7月17日、18日の二日間で開催されリード競技は常翔啓光学園学園クライミングウォールでボルダリング競技はナカガイクライミング摂津店での競技となりました。

感染予防という観点から無観客大会となりガンバの応援も控えなければならず静かな大会となりました。

我が兵庫選手団は1日目のリード競技では少年男子が世界大会でも活躍している奈良県の二人には及ばなかったものの二位に入り翌日のボルダリングにも希望の持てる結果となりました。

少年男子の松岡玲央の安定した登り。奈良県の二人には及ばなかったが個人三位という立派な結果

少年女子は圧倒的に奈良県が強いという戦前の予想通りで兵庫の二人も健闘したんですが4位という結果になりました。

成年女子は大阪が強く一位、二位に和歌山、三位京都に続き四位という結果でしたが本線出場を懸けてボルダリングで逆転するという強い意志を持っている成年女子の二人でした。

二日目のボルダリング競技では少年女子がリードで四位という結果ながらボルダリングで三位に入り総合でも京都と並んで三位に入る。今年初めての近畿ブロック大会出場となる阪上の四課題目の一撃完登がチームの入賞に貢献した。

三浦は今年最後の少年女子での出場になるがこれからもこの競技を続けていって欲しい。

三重国体出るためにはなんとしても二位以上の成績をこのボルダリングで出さないといけない成年女子の藤本、森本ペアだったが最後まで諦めない姿勢のクライミングを貫き見事大阪に続いての二位となり総合でも二位に入り見事に三重国体出場を決めた。

少年男子はやはり奈良との息つまるような接戦になったが松岡、隅谷の素晴らしい登りでボルダリングでは一位となりリードのリベンジを果たし総合でも奈良と一位を分け合った形となった。

これですでに出場が決まっている成年男子と合わせ成年女子、少年男子の3カテゴリーが三重県菰野町で10月1日〜3日の期間開催される第76回三重とこわか国体スポーツクライミング競技に出場することになった。国体に出場する各選手はこれから国体に向けてより一層精進し全国の強豪チームに負けないようにがんばって欲しいと思います。

左から少年女子、少年男子、成年女子の選手たち。。お疲れ様でした。

2年ぶりに近畿ブロック大会に参加して感じたことは本当に近畿地区のクライマーのレベルが以前に比べて格段に向上したことであり、女子ではリード5.12の後半、少年男子では5.13のノーマルが登れないともう話にならないという状況でこれは全国トップレベルと比較しても遜色ないレベルであると思います。兵庫県山岳連盟もこれからより一層選手強化及び発掘に真剣に取り組んでいかなければならない時期に来ていると思われます。

最後になりましたがこのコロナ禍の中今回の競技会を無事開催するためにご尽力いただいた大阪府山岳連盟、近畿地区山岳連盟の競技役員、スタッフの方々本当にありがとうございました。

総合成績

成年女子
1位  大阪  国体出場
2位  兵庫  国体出場
3位  和歌山
4位  京都
5位  滋賀
6位  奈良
少年男子
1位  奈良  国体出場
1位  兵庫  国体出場
3位  和歌山 国体出場
4位  滋賀
5位  京都
少年女子
1位 奈良   国体出場
2位 大阪   国体出場
3位 兵庫
3位 京都
5位 和歌山

クライミング施設の利用について

ボルダリング室

◎平日(制限人数8名)

10:00〜18:00 予約不要

18:00〜20:30 予約優先

◎土曜、日曜は下記の時間帯への予約が必要です(制限人数8名)

10:00〜12:30

12:30〜15:00

15:00〜17:30

外壁(ピラミッドウォール・屋外人工岩場)

◎平日(制限人数30名)

10:00〜20:30予約不要

◎土曜、日曜は予約があれば予約優先です(制限人数30名)

10:00〜17:30

                          クライミング施設運営委員会

まん延防止措置解除に伴う神戸登山研修所の運営について

兵庫県へのまん延防止措置は7月11日(月)をもって解除されました。
これに伴い当神戸登山研修所は7月12日(火)から平日は20時30分までの開館といたしますのでよろしくお願いします。土曜、日曜日は従来通りの18時までとなります。
なお引き続き、コロナウィルス感染拡大を防止する事に努めてまいりますのでこれからも以下の感染防止対策をよろしくお願い申し上げます。
(1) 設置しているアルコールにて、 入館時には手指の消毒を行って下さい。
(2) 密を避けて、 マスクの着用を行って下さい。
(3) 入館時には、 体温の測定を行って下さい。
(4) 入館時にはチェック リス トにご記入いただき提出をお願い致します。

雪彦山を登山される登山者の方へお願い

雪彦山を登山される時はヘルメットの着用をお願いします。

日本3彦山の雪彦山は古くから修験者の修行の場であり一般道には岩場、鎖場、岩稜が数多く点在しているため、転倒、滑落や下山道の鎖場での落石等により頭部に重大なケガを負うことが懸念されますので、雪彦山登山時にはヘルメットを着用しましょう。

備えを怠らず、安全登山を!

雪彦山遭難対策協議会・兵庫県山岳連盟 はりま支部

「兵庫山岳」デジタル版

兵庫県山岳連盟の会報である「兵庫山岳」のデジタル版をアップしました。

主な記事内容

・夏山に向けての警鐘

・兵庫県山岳連盟令和3、4年度業務組織

・ウエスタンクラブ近況と例会報告

・自然保護委員会活動報告

ここから見れます。

バックナンバーのページは兵庫山岳編集委員会のページを見てください。

近畿ブロック大会突破に向けて

6月27日、グラビティリサーチ京都サンガにて少年男女、成年女子の3カテゴリー強化合同練習を行いました。今回はIFSCリードワールドカップ印西大会の優勝も記憶に新しい愛媛県山岳連盟所属の清水裕登氏に講師としてきていただききたる近畿ブロック大会に向けての課題、競技に対する取り組み方などをトップクライマーからの視点も交えて熱く語っていただき各自の登りも細かい点まで指摘していただき非常に有意義な講習会になったと思います。

真剣な表情で講師の話を聞く成年女子・少年女子の選手たち・・
本圀でも上位入賞を目指す少年男子にはより高度なレクチャーが・・・

近畿ブロック大会スポーツクライミング競技は三重国体への出場権を賭けて7月17〜18日に大阪府山岳連盟主催で行われます。

競技委員会 山内

神戸登山研修所・クライミング施設の利用制限について

以下の日程で神戸登山研修所のクライミング施設の利用制限をいたしますので下記の日時

にご利用をされる方はご注意願います。

7月3日 9:00〜12:00 ボルダリング室および屋外人工岩場は神戸市少年団登山教室で使用いたします。

7月31日 10:00〜15:00 兵庫ジュニアクライミングクラブの練習会をボルダリング室で行います。

6月13日以降は新しい課題、ホールド配置でお待ちしています(^^)

クライミング施設運営委員会