自然と歴史山歩開催報告

 先にご案内しました第2回目の「自然と歴史山歩」は、豪雨の隙間の曇天の中でしたが、7月12日(日)9時に新神戸駅前に集合して開催しました。ただし、豪雨による増水でトゥエンティクロス渡渉は危険でしたので、コースを大幅に変更し、右岸の高雄山の南ドントリッジを直登して学習の森に下山しました。参加者は4名と少なかったですが、学習の森周辺でアジサイを眺めるとともに湿地で水棲動物の生育を観察する事ができました。帰りは再度公園から蛇ケ谷を経て市ケ原経由で新神戸駅に無事下山しました。北ドントリッジの位置は不明でしたが、最後に布引貯水池でカワウを観察できたのがうれしかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です