自然と歴史山歩報告(9月27日分)

横池周辺の池めぐり~

*参加者:18名~久しぶり大人数の参加者でした~

*行 程:9時10分・岡本駅発⇒岡本八幡谷右岸道(両岸は切り立って渓谷の趣)⇒山の神⇒ツブレ池⇒ハブ池跡(⇒木漏れ日広場)⇒七兵衛山▲462m・打越峠方面⇒甲南パノラマ道経由11時40分横池(雄池)にて昼食後12時30分出発⇒横池(雌池)にて記念写真⇒風吹岩⇒高座の滝⇒15時・阪急芦屋川駅着

*藤崎先生より昼食後、六甲山に多く点在する池(ため池)について説明があり

「それらの池は大部分が灌漑用で、他に山上周辺では製氷用の池(アイスロード)もあり水の確保は大変重要なこと。昼食を取った横池では“印象派モネ”の睡蓮の花が池一杯に大変奇麗に咲き誇っていました。

*同行頂いた中村自然保護官から「六甲山のイノシシについて」別紙パンフにて説明があり、ここ横池周辺でもしばしば猪を見かける事例があって大変危険、マナーとして「決して餌付けはしない。又、猪に出会ったら荷物をもって目を離さずゆっくり後ずさりし決して背を向けて逃げないこと」などお話があった。

又、今回藤崎先生から「横池」の雄雌2か所を案内頂き特に雌池は初体験で池の中の枯れ木が印象的で信州上高地の大正池を思い出しました。

風吹岩周辺には日曜日とあって多くのハイカーで賑やか、最後の難所高座の滝までの下山道ロックガーデンに四苦八苦しながら全員無事ゴールしました。今回は

8月の「摩耶山クリーンハイキング」に比べ初秋の涼風を肌で感じながら18名の思い出に残る楽しい山行でした。

お世話頂きました自然保護委員会スタッフの皆様有難うございました。

(ウエスタンクラブ 黒沢弘)

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です