2021年度 兵庫県民体育大会山岳競技会(兼 三重国体選手選考会)の結果

5月9日(日)、京都府亀岡のサンガスタジアムにおいて、京都府と共催で開催しました。コロナの緊急事態宣言真っただ中での開催となりましたので、無観客試合、選手・スタッフの徹底した健康管理、個人ロープの使用、会場内での人の密度管理等、万全のコロナ対策をとり、大会を実施しました。また、今回は参加者数を絞るため、少年カテゴリーでは最低グレード(男子5.12a、女子5.11c等)を設定したため、兵庫からは前回より少ない19名の参加となりました(京都と合わせて36名。)。また、これまでは土曜日、日曜日と2日に分けて実施していましたが、今年は1日でリード、ボルダリングの両競技を実施するハードなスケジュールでの実施となりました。

選手、帯同者、スタッフの皆さんには事前から大会当日まで、様々なお願いをしましたが、ご協力いただき、無事に大会を終えることができました。皆さん、ご協力ありがとうございました。

[少年男子] 1位:松岡玲央 2位:隅谷樂 3位:藏敷慎人

[少年女子] 1位:三浦奈々 2位:阪上和香 3位:秋山結香

[成年男子] 1位:櫻井優治 2位:小林シモーネ

[成年女子] 1位:藤本明日香 2位:森本遥月

成年女子、少年男子、少年女子の上位選手は兵庫県の国体強化選手として

7月17日、18日に大阪で行われる近畿ブロック大会に出場します。

三重国体出場目指して頑張ってほしいです。

また成年男子は三重国体出場が決定しています。

リザルトはここにあります。

(競技委員会 高木)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です