自然保護委員会10月事業の報告

自然保護委員会10月事業の報告

(摩耶山頂に至る登山道のクリーンハイク)

  • 日時 令和3年10月17日(日)9時~14時35分
  • コース

新神戸駅~布引~市ケ原~天狗道~摩耶山掬星台~山寺尾根~杣谷出合~護国神社

  • 参加者 スタッフ(日野、藤崎、須川)講師(環境省中村アクティブレンジャー)

    一般(長尾さん)合計5名

  • 内容

朝7時迄は雨が降っていたが、9時以降回復との天気予報を信じ、開催を決定しました

 が、冬型気圧配置になり寒かったものの、雨に濡れる事も無く終える事ができこれも参加

 された皆様の日頃の行いが良かったものと感謝しております。

  新神戸駅前では、一般登山者以外に多くの修学旅行の生徒さんが多く集まり、これも緊

急事態宣言が解除され新型コロナウイルス感染状況が少し落ち着いた感じでうれしく思

いました。

 今回のコースは、摩耶山の一般的なルート(すなわち人が多く入るルート)でゴミも多

いだろうと思い設定しましたが、市ケ原までは地元の方や水道局の管理で清掃されてい

ました。

 やはり、櫻茶屋以降の登山道に入るとゴミが散見される様になりましたが、偶然同時に

開催されていたキャノンボールの六甲縦走トレラン大会の参加者との交差に苦労しまし

た。

 トレラン参加者でにぎわう摩耶山掬星台で昼食休憩した後で、環境省の中村アクティ

ブレンジャーからはこの時期多く見られるアサキマダラ等の六甲山でみられるチョウの

お話を伺う事ができ良かったです。

 帰りは、展望台下から山寺尾根の急坂を降りたのですが、展望台下にどういう訳か生活

臭があり、タバコの吸い殻が多かったのが気になった次第です。

 この山寺尾根は余り使われていないのか人も少なく、したがってゴミも少ない状況で

良かったです。

 最後になりますが、参加者の皆様、ありがとうございました。(文責 日野 幸次郎)

          

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です