競技」カテゴリーアーカイブ

第76 回国民体育大会近畿ブロック大会スポーツクライミング競技

2020年はコロナウイルス感染で中止された国体近畿ブロック大会が今年2021年は

感染対策を万全に行い開催されることになりました。

今年は大阪府山岳連盟主管で開催され7月17日、18日の二日間で開催されリード競技は常翔啓光学園学園クライミングウォールでボルダリング競技はナカガイクライミング摂津店での競技となりました。

感染予防という観点から無観客大会となりガンバの応援も控えなければならず静かな大会となりました。

我が兵庫選手団は1日目のリード競技では少年男子が世界大会でも活躍している奈良県の二人には及ばなかったものの二位に入り翌日のボルダリングにも希望の持てる結果となりました。

少年男子の松岡玲央の安定した登り。奈良県の二人には及ばなかったが個人三位という立派な結果

少年女子は圧倒的に奈良県が強いという戦前の予想通りで兵庫の二人も健闘したんですが4位という結果になりました。

成年女子は大阪が強く一位、二位に和歌山、三位京都に続き四位という結果でしたが本線出場を懸けてボルダリングで逆転するという強い意志を持っている成年女子の二人でした。

二日目のボルダリング競技では少年女子がリードで四位という結果ながらボルダリングで三位に入り総合でも京都と並んで三位に入る。今年初めての近畿ブロック大会出場となる阪上の四課題目の一撃完登がチームの入賞に貢献した。

三浦は今年最後の少年女子での出場になるがこれからもこの競技を続けていって欲しい。

三重国体出るためにはなんとしても二位以上の成績をこのボルダリングで出さないといけない成年女子の藤本、森本ペアだったが最後まで諦めない姿勢のクライミングを貫き見事大阪に続いての二位となり総合でも二位に入り見事に三重国体出場を決めた。

少年男子はやはり奈良との息つまるような接戦になったが松岡、隅谷の素晴らしい登りでボルダリングでは一位となりリードのリベンジを果たし総合でも奈良と一位を分け合った形となった。

これですでに出場が決まっている成年男子と合わせ成年女子、少年男子の3カテゴリーが三重県菰野町で10月1日〜3日の期間開催される第76回三重とこわか国体スポーツクライミング競技に出場することになった。国体に出場する各選手はこれから国体に向けてより一層精進し全国の強豪チームに負けないようにがんばって欲しいと思います。

左から少年女子、少年男子、成年女子の選手たち。。お疲れ様でした。

2年ぶりに近畿ブロック大会に参加して感じたことは本当に近畿地区のクライマーのレベルが以前に比べて格段に向上したことであり、女子ではリード5.12の後半、少年男子では5.13のノーマルが登れないともう話にならないという状況でこれは全国トップレベルと比較しても遜色ないレベルであると思います。兵庫県山岳連盟もこれからより一層選手強化及び発掘に真剣に取り組んでいかなければならない時期に来ていると思われます。

最後になりましたがこのコロナ禍の中今回の競技会を無事開催するためにご尽力いただいた大阪府山岳連盟、近畿地区山岳連盟の競技役員、スタッフの方々本当にありがとうございました。

総合成績

成年女子
1位  大阪  国体出場
2位  兵庫  国体出場
3位  和歌山
4位  京都
5位  滋賀
6位  奈良
少年男子
1位  奈良  国体出場
1位  兵庫  国体出場
3位  和歌山 国体出場
4位  滋賀
5位  京都
少年女子
1位 奈良   国体出場
2位 大阪   国体出場
3位 兵庫
3位 京都
5位 和歌山

近畿ブロック大会突破に向けて

6月27日、グラビティリサーチ京都サンガにて少年男女、成年女子の3カテゴリー強化合同練習を行いました。今回はIFSCリードワールドカップ印西大会の優勝も記憶に新しい愛媛県山岳連盟所属の清水裕登氏に講師としてきていただききたる近畿ブロック大会に向けての課題、競技に対する取り組み方などをトップクライマーからの視点も交えて熱く語っていただき各自の登りも細かい点まで指摘していただき非常に有意義な講習会になったと思います。

真剣な表情で講師の話を聞く成年女子・少年女子の選手たち・・
本圀でも上位入賞を目指す少年男子にはより高度なレクチャーが・・・

近畿ブロック大会スポーツクライミング競技は三重国体への出場権を賭けて7月17〜18日に大阪府山岳連盟主催で行われます。

競技委員会 山内

令和3年度 兵庫県山岳連盟 スポーツクライミング強化指定選手の決定について

下記のとおり、令和3年度の強化選手を決定しましたので、お知らせします。

※強化指定期間は令和4年3月末日まで

Ⅰ.三重ことわか国体兵庫県代表選手

(指定選手)

少年男子:      松岡 玲央                 隅谷 樂                    藏敷 慎人

少年女子:      三浦 奈々                 阪上 和香                 秋山 結香

成年男子:      櫻井 優治                 小林 シモーネ

成年女子:      藤本 明日香              森本 遥月                 土岐 萌々花

(選考基準)

・兵庫県民大会(5/9開催)の上位選手

(補助等)

・県強化費の対象

Ⅱ.スーパージュニア強化選手

(指定選手)

西尾 洸音

(選考基準)

・中学2年生(来年以降、国体において活躍が期待される選手)

・過去2年間のJMSCA大会における顕著な成績保有者(決勝進出)

・兵庫ジュニア強化選手選考会(6/6開催)の上位選手

(補助等)

・県スーパージュニアの対象

Ⅲ.兵庫県山岳連盟指定 ユース特別強化選手

(指定選手)

男子:  水谷 生         古川 大智

女子:  金岡 葵         森下 友愛

(選考基準)

・兵庫ジュニア強化選手選考会(6/6開催)の上位選手

(補助等)

・神戸登山研修所のクライミング施設利用料を免除

兵庫県山岳連盟競技委員会 委員長  高木

             副委員長 山内、城市

ユースクライマーに対する講習会

ユース選考会の前日に京都府山岳連盟理事でありJMSCAのSC指導委員会常任委員である奥井健悟氏によるユースクライマーを対象とした競技力向上に関する講習を開催していただいた。コロナ感染予防ということで登山研修所の3階大会議室にはソーシャルディスタンスを考慮し定員15名という制限を設け残りの希望者はzoomでリモート講習を受けるという方式をとった。最近はユース低年齢層の選手が増えてきて競技力もすごく増えてきていますがそれに伴って子供ゆえの故障、怪我もあるようです。そんな中、奥井講師により丁寧に選手はもちろんだが保護者の方々にも分かりやすい講習をしていただきました。

真剣な表情で講師の話に聞き入るユース選手と保護者・・

これからもこういう講習会等の事業を兵庫県山岳連盟として開催していきたいと思っています。

競技委員会(山内)

兵庫県ユース強化選手選考会2021

6/6日に神戸登山研修所にてユースB以降(2006年以降生まれ)の選手を対象とした選考競技会を行った。今までなら県民大会でのオープン参加という形でユース選手の選考を行なってきたがこのコロナ禍の中県民大会の出場者を制限するという観点から今年は国体選手資格のみの大会となったので若年ユース選手たちの競技の場を設けることとなった。

登山研修所の狭い室内でリード、ボルダリングと2種目の競技を行い京都府山岳連盟の奥井チーフセッターと元兵庫県少年男子選手であった二重くんに絶妙な課題・ルートセットをしてもらいました。参加した子供たちも十分に楽しめたと思います。

ホールド外し、セッターの指示により課題設定など多くのスタッフが今回の競技会のために協力してくれました。

既存のホールド外しは大会前々日から研修所スタッフが行いまた競技中の選手管理は参加された保護者の皆さんにご協力いただき緊急事態宣言下でしたが無事、競技会を終えることができました。参加者も今までは阪神間中心だったのですが淡路島、播磨地域からも参加がありスポーツクライミングというスポーツの競技人工が幅広く広がっているというのが実感できることができました。

Div-1の水谷生くん、まだ小学6年生ということだがこれからが楽しみです!

競技結果はDiv-1ではレベルの高いクライミングを見ることができました。男子の水谷選手がリードでは5.12cのながものルートをもう少しで完登というところまで迫り、またボルダリングでも対応力の高さを見せてくれました。女子の金岡選手も男女総合でも水谷選手に並んで総合一位タイという結果。。div-2では為則 星凛選手がdiv-1に負けないくらいの素晴らしい登りでその場にいたスタッフを唸らせていました。

なお今回はコロナ感染予防のため無観客での競技会開催になりましたが競技会の模様をライブ配信するという新しい試みにもチャレンジして参加していただいた選手の保護者からも好評だったようです。

以下、上位入賞者です。

Div1男子の上位入賞者・1位水谷生(中央)・2位古川大智(左)・3位中山優希(右)

Div1女子、1位:金岡葵(中央)、2位:森下友愛(左)、3位(右)西優月(右)
Div2:1位:為則星凛(中央)、2位:中村泉優(左)、3位:宗高千代子(右)

競技委員会(山内)

兵庫県ユース強化選手選考会について

6月6日に行われるユース強化選手選考会について色々お知らせがあるのでここにアップします。

◎当日の参加する選手・保護者へのお知らせ

◎競技順リスト

なお神戸登山研修所はゴミ箱はありませんので各自で出されたゴミは各自でお持ちかえるようにお願いします。当日は車の駐車はできませんのでご注意ください。

2021年度 兵庫県民体育大会山岳競技会(兼 三重国体選手選考会)の結果

5月9日(日)、京都府亀岡のサンガスタジアムにおいて、京都府と共催で開催しました。コロナの緊急事態宣言真っただ中での開催となりましたので、無観客試合、選手・スタッフの徹底した健康管理、個人ロープの使用、会場内での人の密度管理等、万全のコロナ対策をとり、大会を実施しました。また、今回は参加者数を絞るため、少年カテゴリーでは最低グレード(男子5.12a、女子5.11c等)を設定したため、兵庫からは前回より少ない19名の参加となりました(京都と合わせて36名。)。また、これまでは土曜日、日曜日と2日に分けて実施していましたが、今年は1日でリード、ボルダリングの両競技を実施するハードなスケジュールでの実施となりました。

選手、帯同者、スタッフの皆さんには事前から大会当日まで、様々なお願いをしましたが、ご協力いただき、無事に大会を終えることができました。皆さん、ご協力ありがとうございました。

[少年男子] 1位:松岡玲央 2位:隅谷樂 3位:藏敷慎人

[少年女子] 1位:三浦奈々 2位:阪上和香 3位:秋山結香

[成年男子] 1位:櫻井優治 2位:小林シモーネ

[成年女子] 1位:藤本明日香 2位:森本遥月

成年女子、少年男子、少年女子の上位選手は兵庫県の国体強化選手として

7月17日、18日に大阪で行われる近畿ブロック大会に出場します。

三重国体出場目指して頑張ってほしいです。

また成年男子は三重国体出場が決定しています。

リザルトはここにあります。

(競技委員会 高木)